ルール・Q&A

『刀剣乱舞-花丸-デッキセット 第1弾/第2弾(VG-G-THD01/02)』よくある質問Q&A

カードゲーム事務局に寄せられているご質問の中から、「刀剣乱舞-花丸-デッキセット 第1弾/第2弾(VG-G-THD01/02)」のカードに関する、よくある質問をまとめました。

基本的なルールに関する質問

「コスト」とは何ですか?

能力テキストで[ ]でくくられた行動が「コスト」です。

Gゾーンのカードとメインデッキのカードは、スリーブを変える必要がありますか?

必ずしも変える必要はありません。
また、Gゾーンのカード内で違うスリーブを使用しても構いません。

グレード2からグレード3のユニットにライドしたターンに、超越することはできますか?

はい、可能です。
お互いのヴァンガードがグレード3以上であれば、超越することができます。

「真剣必殺」とは何ですか?

自分のダメージゾーンのカードが3枚以上で有効になる能力です。

「二刀開眼」とは何ですか?

「〈刀剣男士-打刀〉をブーストした時、」か「このユニットが〈刀剣男士-脇差〉にブーストされた時、」のいずれかの条件を持つ能力です。

二刀開眼の能力を持つユニット同士でなければ二刀開眼は発動しないのですか?

いいえ、二刀開眼の能力を持つユニット同士である必要はございません。
〈刀剣男士-打刀〉が持つ二刀開眼」は、〈刀剣男士-脇差〉にブーストされていれば発動するので、ブーストする〈刀剣男士-脇差〉が必ずしも二刀開眼の能力を持っている必要はございません。
同様に、〈刀剣男士-脇差〉が持つ二刀開眼」は、〈刀剣男士-打刀〉をブーストしていれば発動するので、ブーストされる〈刀剣男士-打刀〉が必ずしも二刀開眼の能力を持っている必要はございません。

大和守安定 -花丸-」と「大和守安定(G-TB01/029)」のように、「花丸」がつくカードとつかないカードは、デッキに4枚ずつ入れることができますか?

はい、できます。
「花丸」がついたカードは別のカード名になっていますので、4枚ずつデッキに入れることが可能です。
「特」がついたカードの場合も同様に、別のカード名になっていますので、4枚ずつデッキに入れることが可能です。

「Gガーディアン」とは何ですか?

ガード用Gユニットです。
Gゾーンに、普通のGユニット同様に裏向きで置いておきます。相手にアタックされ、条件を満たすことにより、手札からヒールトリガーを1枚ドロップゾーンに置くことで、Gゾーンの裏向きのGガーディアンをガーディアンサークルにコールすることができます。そのバトルが終了したら、GガーディアンはGゾーンに表向きで戻ります。
詳しくはこちらをご覧ください。

↑ページのトップへ

『刀剣乱舞-花丸-デッキセット 第1弾/第2弾』カード個別の質問

石切丸 -花丸-

“あなたのユニットがすべて【レスト】しているなら”という要件は、
「石切丸 -花丸-」をリアガードが【ブースト】したことで満たされた場合でも有効ですか?

はい、有効です。
“アタックした時”の誘発条件を持つ自動能力を解決する時点で、「ブーストしているリアガード」は既にレスト状態のため、“あなたのユニットがすべて【レスト】しているなら”という要件は満たされます。

石切丸 -花丸-

呪縛カードが存在している場合、“あなたのユニットがすべて【レスト】しているなら”という要件は満たされますか?

はい、満たされます。
呪縛カードはユニットとしては扱われません。そのため、呪縛カードが存在していても、フィールドに存在するユニットがすべて【レスト】しているなら、“あなたのユニットがすべて【レスト】しているなら”という要件は満たされます。

石切丸 -花丸-

「石切丸 -花丸-」が1枚のみでアタックを行っている場合でも、“あなたのユニットがすべて【レスト】しているなら”という要件は満たされますか?

はい、満たされます。
フィールドに存在するユニットは「石切丸 -花丸-」のみのため、「石切丸 -花丸-」の配置状態にて、“あなたのユニットがすべて【レスト】しているなら”という要件は参照されます。
そのため、「石切丸 -花丸-」が【レスト】しているなら、要件は満たされます。

石切丸 -花丸-

“そのバトル中、このユニットのパワー+5000/ドライブ+1”という効果が適用された後に、スタンドトリガー等の効果で、リアガードが【スタンド】しました。「石切丸 -花丸-」に適用されていた「そのバトル中」を期限とする効果は失われてしまいますか?

いいえ、失われません。
“あなたのユニットがすべて【レスト】しているなら”という要件は、“アタックした時”を誘発条件とする自動能力を解決する時にのみ参照されます。解決後に要件が満たされなくなった場合でも、既に適用されている「そのバトル中」を期限とする効果が失われることはありません。

三日月宗近 -花丸-

“あなたの前列のユニットを3枚選び、そのターン中、パワー+3000”という効果により、同一のユニットを複数回選択し、パワー+3000を与えることは可能ですか?

いいえ、できません。
同一のユニットを複数回選択することはできません。別々のユニットを選択し、パワー+3000を与える必要があります。

岩融 -花丸-

“あなたのドロップゾーンのヒールトリガー1枚につき”という効果により、「岩融 -花丸-」自身をコールするために捨てたヒールトリガーも枚数として数えることは可能ですか?

はい、可能です。
「岩融 -花丸-」の“登場した時”を誘発条件とする自動能力が解決される時点で、既にヒールトリガーはドロップゾーンに置かれているので、枚数として数えることは可能です。

大和守安定 -花丸-

“このユニットが「花丸」を含むユニットをブーストしたバトルの終了時、【ソウルチャージ】(1)してよい。”という効果により、【ソウルチャージ】(1)をしないことは可能ですか?
また、【ソウルチャージ】(1)した場合でも、「大和守安定 -花丸」をソウルに置かないことは可能ですか?

【ソウルチャージ】(1)をしないことも、ソウルに置かないことも可能です。
“~してよい”とあるため、ファイターの任意で解決します。

太郎太刀 -花丸-

“あなたの山札から「次郎太刀 -花丸-」を1枚まで探し”という効果が解決される際、山札には「次郎太刀 -花丸-」が1枚も存在していませんでした。この効果はどのように処理されますか?

“~枚まで”とある効果においては、ファイターは、0から指定された数値を選択し、効果を解決できます。
山札に「次郎太刀 -花丸-」が1枚も存在しなかった場合でも、0枚を選択し、見つけ出さないことを選択できます。
なお、探す領域が山札等の「非公開領域」である場合、該当するカードがたとえ存在していたとしても見つけ出さないことを選択してもかまいません。

次郎太刀 -花丸-

ヴァンガードサークル、Gゾーンに表の「太郎太刀 -花丸-」が1枚も存在せず、パワー+5000が行われない場合でも、“あなたのダメージゾーンに表のカードがないなら”という要件が満たされているのであれば、【カウンターチャージ】(1)を行うことは可能ですか?

はい、可能です。
発動した能力の効果は可能な限り解決されます。
“そのバトル中、このユニットのパワー+5000”が行えなかった場合でも、続く効果は可能な限り解決されます。

蛍丸 -花丸-

このユニットをブーストしアタックすることは可能ですか?

はい、可能です。
【ブースト】するユニットの選択は、“アタックした時”を誘発条件とする自動能力等の解決より先に行われます。
そのため、「蛍丸 -花丸-」を【ブースト】することは可能です。

蛍丸 -花丸-

“あなたのリアガードをすべて【レスト】し”という効果により、リアガードを1枚も【レスト】できない状況の場合、“このユニットを【スタンド】し”という効果を解決することは可能ですか?

はい、コストを支払い解決することは可能であり、その効果は可能な限り解決されます。
効果により一定の量の行動を行うよう求められた場合、その一部のみ実行不可能な場合、可能な限りその行動を行います。
そのため、“あなたのリアガードをすべて【レスト】し”等の効果が実行不可能な場合でも、コストを支払い解決することは可能であり、その場合、“このユニットを【スタンド】し”という効果や、「そのターン中」を期限とする効果は可能な限り解決されます。

蛍丸 -花丸-

「蛍丸 -花丸-」が行うアタックのドライブチェックの回数は、自動能力のコストを支払い解決していた場合、1度目のバトルから2回ですか?

はい、2回です。
「そのターン中」を期限とする効果は、“アタックした時”を誘発条件とする自動能力がコストを支払い解決された時点で適用されます。そのため、1度目のバトルにおいても、“このユニットのパワー+5000/ドライブ-1”が適用された状態にてバトルは行われます。

蛍丸 -花丸-

このカードは“アタックした時”を誘発条件とする自動能力により【スタンド】してしまいますが、
そのバトルはどのようになってしまうのですか?

「蛍丸 -花丸-」によるバトルは継続しています。
「アタックしている」ユニットの配置状態が変更された場合でも、そのバトルが中断されることはありません。
そのため、【スタンド】している「蛍丸 -花丸-」にてバトルは継続します。

日本号 -花丸-

“相手は自分の手札からグレード1以上のカードを(G)にコールできない”という効果では、Gガーディアンのコールも行えないのですか?

いいえ、Gガーディアンのコールは可能です。Gガーディアンは手札からのコールではありません。
そのため、「日本号 -花丸-」のアタックに対しても、Gガーディアンをコールすることは可能です。

一期一振 -花丸-

“「藤四郎」か「五虎退」か「鳴狐」を含むカードを5枚まで選び”という効果では、必ず5枚コールしなくてはならないのですか?

いいえ、必ずしも5枚コールする必要はありません。選ぶ数が「~まで選び」や「~まで選ぶ」と書かれている場合、0から指定された数までの間で任意の数の目標を選ぶことができます。

一期一振 -花丸-

“あなたの「花丸」を含むユニットを5枚まで選び、そのターン中、パワー+3000”という効果により、同一のユニットを複数回選択し、パワー+3000を与えることは可能ですか?

いいえ、同一のユニットを複数回選択することはできません。別々のユニットを選択し、パワー+3000を与える必要があります。

燭台切光忠 -花丸-

“そのターン中、パワー+2000”という効果は、どのユニットに適用されますか?

“「花丸」を含むカードを1枚まで(R)にコールし”という効果によりコールされたユニットに対して適用されます。

燭台切光忠 -花丸-

“あなたのGゾーンに表の「花丸」を含むカードがあるなら、そのバトル中、このユニットのパワー+5000”という効果は、Gゾーンに表の「花丸」を含むカードが複数枚ある場合、その枚数分、パワー+5000されるのですか?

いいえ、複数枚存在する場合でも、パワー+5000のみ適用されます。
“そのバトル中、このユニットのパワー+5000”という効果では、Gゾーンの表の「花丸」を含むカードの枚数は参照されません。
そのため、Gゾーンに表の「花丸」を含むカードが複数枚存在している場合でも、増加するパワーは5000です。

燭台切光忠 -花丸-

「燭台切光忠 -花丸-」がハーツカードとなっている場合でも、“アタックした時”を条件とする自動能力は発動し、Gユニットにパワー+5000が適用されますか?

いいえ、ハーツカードとなっている「燭台切光忠 -花丸-」の自動能力は発動しません。
ハーツカードはヴァンガードサークル内に存在するカードではありますが、ユニットではありません。
また、ハーツカードがアタックを行うことはありません。
アタックを行うのはGユニットであり、ハーツカードとなっている「燭台切光忠 -花丸-」がアタックを行っている訳ではないため、
ハーツカードの「燭台切光忠 -花丸-」が持つ、“アタックした時”を誘発条件とする自動能力は発動しません。

↑ページのトップへ

ルールやカードの能力など、わからないことがありましたら、お気軽にカードゲーム事務局へお問い合わせください。

【TEL】 03-4500-6800
【メール】 vg_support@bushiroad.com
[月~金…10:00~12:00/13:00~17:00]
[土日祝…10:00~18:00]

※電話番号・アドレス間違いにご注意ください。
※尚、一部の携帯電話からのお問い合わせについては、機種・設定の問題でご回答できない場合があります。ご了承ください。

サイトを検索

検索

今日のカード

今日のカード

更新履歴

2017/12/15

2017/12/14

2017/12/13

2017/12/12

2017/12/11

2017/12/8

2017/12/7

2017/12/6

2017/12/5

2017/12/4

2017/12/1

2017/11/30

2017/11/29

2017/11/28

2017/11/27

2017/11/24

2017/11/22

2017/11/21

2017/11/20

2017/11/17

2017/11/16

2017/11/15

2017/11/14

2017/11/13

2017/11/10

2017/11/9

2017/11/8

2017/11/7

2017/11/6

2017/11/2

2017/11/1

2017/10/31

2017/10/30

2017/10/27

2017/10/26

2017/10/25

2017/10/24

2017/10/23

2017/10/20

2017/10/19

2017/10/18

2017/10/17

2017/10/16

2017/10/13

2017/10/12

2017/10/11

2017/10/10

2017/10/6

2017/10/5

2017/10/4

2017/10/3

2017/10/2

2017/9/29

2017/9/28

2017/9/27

2017/9/26

2017/9/25

2017/9/22

2017/9/21

2017/9/20

2017/9/19

2017/9/15

2017/9/14

2017/9/13

2017/9/12

2017/9/11

2017/9/8

2017/9/7

2017/9/6

2017/9/5

2017/9/4

2017/9/1

2017/8/31

2017/8/30

2017/8/29

2017/8/28

2017/8/25

2017/8/24

2017/8/23

2017/8/22

2017/8/21

2017/8/18

2017/8/17

2017/8/16

2017/8/15

2017/8/14

2017/8/10

2017/8/9

2017/8/8

2017/8/7

2017/8/4

2017/8/3

2017/8/2

2017/8/1

2017/7/31

2017/7/30

2017/7/28

2017/7/27

2017/7/26

2017/7/25

2017/7/24

2017/7/21

2017/7/20

2017/7/19

2017/7/18

2017/7/14

2017/7/13

2017/7/12

2017/7/11

2017/7/10

2017/7/7

2017/7/6

2017/7/5

2017/7/4

2017/7/3

2017/6/30

2017/6/29

2017/6/28

2017/6/27

2017/6/26

2017/6/23

2017/6/22

2017/6/21

2017/6/20

2017/6/19

2017/6/16

2017/6/15

2017/6/14

2017/6/13

2017/6/12

2017/6/9

2017/6/8

2017/6/7

2017/6/6

2017/6/5

2017/6/2

2017/6/1

2017/5/31

2017/5/30

2017/5/29

2017/5/26

2017/5/25

2017/5/24

2017/5/23

2017/5/22

2017/5/19

2017/5/18

2017/5/17

2017/5/16

2017/5/15

2017/5/12

2017/5/11

2017/5/10

2017/5/9

2017/5/8

2017/5/5

2017/5/2

2017/5/1

2017/4/28

2017/4/27

2017/4/26

2017/4/25

2017/4/24

2017/4/21

2017/4/20

2017/4/19

2017/4/18

2017/4/17

2017/4/14

2017/4/13

2017/4/12

2017/4/11

2017/4/10

2017/4/7

2017/4/6

2017/4/5

2017/4/4

2017/4/3

2017/3/31

2017/3/30

2017/3/29

2017/3/28

2017/3/27

2017/3/24

2017/3/23

2017/3/22

2017/3/21

2017/3/17

2017/3/16

2017/3/15

2017/3/14

2017/3/13

2017/3/10

2017/3/9

2017/3/8

2017/3/7

2017/3/6

2017/3/3

2017/3/2

2017/3/1

2017/2/28

2017/2/27

2017/2/24

2017/2/23

2017/2/22

2017/2/21

2017/2/20

2017/2/17

2017/2/16

2017/2/15

2017/2/14

2017/2/13

2017/2/10

2017/2/9

2017/2/8

2017/2/7

2017/2/6

2017/2/3

2017/2/2

2017/2/1

2017/1/31

2017/1/30

2017/1/27

2017/1/26

2017/1/25

2017/1/24

2017/1/23

2017/1/20

2017/1/19

2017/1/18

2017/1/17

2017/1/16

2017/1/13

2017/1/12

2017/1/11

2017/1/10

2017/1/6

2017/1/5

2017/1/4

2017/1/3

2017/1/1

[→過去の更新履歴はこちら]