コラム

『週刊ヴァンガードコラム』

第9回 『《ネオネクタール》の姫君~アーシャ』

みなさん、こんにちは!第9回となりました、週刊ヴァンガードコラムを書かせていただいております、有限会社遊宝洞・制作の中尾でございます。今週もよろしくお願いします。
 
WGP2016東京大会、ご参加いただいた皆さん、お疲れ様でした!私も“プロデューサー「が」挑戦!”のコーナーで皆さんとファイトやお話しができて本当に楽しかったです。この場を借りてお礼を申し上げます。ありがとうございました。
 
さて今回は「繚乱の花乙姫」&「トライスリーNEXT」から、《ネオネクタール》の姫君であり、チームトライスリー・安城トコハちゃんのキーユニットでもある「アーシャ」についてお話ししたいと思います。
写真01
→トライアルデッキ 「繚乱の花乙姫(りょうらんのはなおとひめ)」の商品情報はこちら!
→キャラクターブースター01 「トライスリーNEXT」の商品情報はこちら!
 
最初のアーシャが登場したのは今から2年近く前、《ネオネクタール》初のトライアルデッキ「純真の花乙女」のことで、チームトライスリーの他の二人と同様、超越のキーとなる能力……「ストライドスキル」を持っていました。
 
写真
 
この「ストライドスキル」、とても有用な能力ではあるのですが、クロノ君の「クロノジェット・ドラゴン」、シオン君の「青天の騎士 アルトマイル」と比較して、アーシャには一つ“欠点”が存在していました。
 
それは、独りでは何もできなくなってしまうこと。
 
《ネオネクタール》はスペリオルコールを得意としていますが、そのイメージは「成長」と「繁栄」。植物がその根を広げて仲間を増やしていくような、同名ユニットや関連ユニットのコールを主軸としています。
 
パワー上昇を伴い、揃えば強力なのですがその反面、「種」となるユニットがいないと展開力が大きく失われてしまいます。そういった盤面になった時にどうするか。これはアーシャだけに限らず、《ネオネクタール》全体に及ぶ課題の一つでした。
 
しかし、欠点があることは必ずしも悪い側面ばかりではありません。その欠点が補われた時こそ、人は強く成長を感じられるものです。私はずっと、そのチャンスを覗っていました。
 
写真
→「ファイターズコレクション2016」の商品情報はこちら!
 
そして、それを最も早く実現できる可能性があったのが「ファイターズコレクション2016」でした。
 
アニメでも、トライスリーの3人が櫂、ミサキ、カムイといったレジェンドファイター達からその心と覚悟を受け継ぎ、大きく成長を見せるという重要な転換期となっています。ストーリー的にも、まさにここしかないというタイミングです。
 
《ネオネクタール》の収録は2枚。この2枚で、「アーシャ」と「トコハ」の成長を感じさせなければいけません。
 
写真
 
最初に作ったのが「聖樹竜 レインブレス・ドラゴン」でした。
 
当時、初登場となるGガーディアンの中では明らかに異質な存在です。手札からコールして「抵抗」を与えるドラゴン。この能力は、相手のターンにリアガードをコールすることで、アーシャの「ストライドスキル」と併せて欲しいというカードです。
 
テキストに直接「アーシャが~」と書かれているわけではないため、作成意図が伝わらないのではという心配もありました。しかし蓋を開けてみれば、すぐに多くのファイターの皆さんが「これでアーシャが強くなる!」と気付いてくれたのです。
 
写真
 
「レインブレス」がうまくいったとはいえ、Gガーディアンはサポート寄りのカード。「花形」となるG4も必要です。それがこの「常夏の花乙姫 ベラーノ」。
 
やや複雑な効果ですが、登場時に手札からコールを行なってくれるため、アーシャの「ストライドスキル」で“増やすべきリアガードがいない”というシチュエーションはほとんどなくなります。
 
さらに、コストの組み合わせでソウルとドロップゾーンのカードもコールの対象とすることができ、それらをコールすることで「刃華超克」で登場したクラン能力、「開花(ブルーム)」を最大限に活用することが可能です。
 
また彼女はアーシャの「ストライドスキル」だけでなく、「ブースト」の付与によって《ネオネクタール》の課題を1つ解決しています。これなら、後列にG2やG3を「繁栄」しても問題ないのです。
 
そして時は流れ、「ヴァンガードG」は「NEXT」となり、アーシャとトコハちゃんにもまた成長の機会がやってきました。
 
やるべきことは決まっていました。それがこの新しい「アーシャ」――
 
写真
 
――「胸焦がすラナンキュラス アーシャ」です!
 
彼女には、この2年間で彼女自身が、トコハちゃんが、そして《ネオネクタール》が育んだものがすべて詰まっています。1つ1つは絶大な効果というわけではないですが、3つの能力がそれぞれを補い合い、その可能性をイメージさせてくれます。
 
もう、独りになって何もできない、か弱い姫君はいません。力強く成長した彼女は、雄大な《ネオネクタール》の大地に花開いてくれることでしょう!
 
さてさて、週刊ヴァンガードコラム、いかがだったでしょうか?お楽しみいただけたならばうれしい限りです。
よろしければ、是非Twitterなどで感想やご意見などをつぶやいていただけますと幸いです。

それでは、また来週。
スタンドアップ・ヴァンガード!

↑ページのトップへ

中尾 宗也なかお むねなり

さまざまなゲームのシステムデザインを手掛ける、有限会社遊宝洞にて制作を担当。『カードファイト!! ヴァンガード』では、カードデザイン・開発に携わる。

遊宝洞 中尾氏

最新の記事はこちら

↑ページのトップへ

サイトを検索

検索

今日のカード

今日のカード

更新履歴

2017/1/23

2017/1/20

2017/1/19

2017/1/18

2017/1/17

2017/1/16

2017/1/13

2017/1/12

2017/1/11

2017/1/10

2017/1/6

2017/1/5

2017/1/4

2017/1/3

2017/1/1

2016/12/30

2016/12/29

2016/12/28

2016/12/27

2016/12/26

2016/12/22

2016/12/21

2016/12/20

2016/12/19

2016/12/16

2016/12/15

2016/12/14

2016/12/13

2016/12/12

2016/12/9

2016/12/8

2016/12/7

2016/12/6

2016/12/5

2016/12/2

2016/12/1

2016/11/30

2016/11/29

2016/11/28

2016/11/25

2016/11/24

2016/11/22

2016/11/21

2016/11/18

2016/11/17

2016/11/16

2016/11/15

2016/11/14

2016/11/11

2016/11/10

2016/11/9

2016/11/8

2016/11/7

2016/11/4

2016/11/2

2016/11/1

2016/10/31

2016/10/28

2016/10/27

2016/10/26

2016/10/25

2016/10/24

2016/10/21

2016/10/20

2016/10/19

2016/10/18

2016/10/17

2016/10/14

2016/10/13

2016/10/12

2016/10/11

2016/10/7

2016/10/6

2016/10/5

2016/10/4

2016/10/3

2016/9/30

2016/9/29

2016/9/28

2016/9/27

2016/9/26

2016/9/23

2016/9/21

2016/9/20

2016/9/18

2016/9/16

2016/9/15

2016/9/14

2016/9/13

2016/9/12

2016/9/9

2016/9/8

2016/9/7

2016/9/6

2016/9/5

2016/9/2

2016/9/1

2016/8/31

2016/8/30

2016/8/29

2016/8/26

2016/8/25

2016/8/24

2016/8/23

2016/8/22

2016/8/19

2016/8/18

2016/8/17

2016/8/16

2016/8/15

2016/8/12

2016/8/10

2016/8/9

2016/8/8

2016/8/5

2016/8/4

2016/8/3

2016/8/2

2016/8/1

2016/7/29

2016/7/28

2016/7/27

2016/7/26

2016/7/25

2016/7/22

2016/7/21

2016/7/20

2016/7/19

2016/7/15

2016/7/14

2016/7/13

2016/7/12

2016/7/11

2016/7/8

2016/7/7

2016/7/6

2016/7/5

2016/7/4

2016/7/1

2016/6/30

2016/6/29

2016/6/28

2016/6/27

2016/6/24

2016/6/23

2016/6/22

2016/6/21

2016/6/20

2016/6/17

2016/6/16

2016/6/15

2016/6/14

2016/6/13

2016/6/10

2016/6/9

2016/6/8

2016/6/7

2016/6/6

2016/6/3

2016/6/2

2016/6/1

2016/5/31

2016/5/30

2016/5/27

2016/5/26

2016/5/25

2016/5/24

2016/5/23

2016/5/20

2016/5/19

2016/5/18

2016/5/17

2016/5/16

2016/5/13

2016/5/12

2016/5/11

2016/5/10

2016/5/9

2016/5/7

2016/5/6

2016/5/5

2016/5/4

2016/5/3

2016/5/2

2016/4/28

2016/4/27

2016/4/26

2016/4/25

2016/4/22

2016/4/21

2016/4/20

2016/4/19

2016/4/18

2016/4/15

2016/4/14

2016/4/13

2016/4/12

2016/4/11

2016/4/8

2016/4/7

2016/4/6

2016/4/5

2016/4/4

2016/4/2

2016/4/1

2016/3/31

2016/3/30

2016/3/29

2016/3/28

2016/3/25

2016/3/24

2016/3/23

2016/3/22

2016/3/18

2016/3/17

2016/3/16

2016/3/15

2016/3/14

2016/3/11

2016/3/10

2016/3/9

2016/3/8

2016/3/7

2016/3/4

2016/3/3

2016/3/2

2016/3/1

2016/2/29

2016/2/26

2016/2/25

2016/2/24

2016/2/23

2016/2/22

2016/2/19

2016/2/18

2016/2/17

2016/2/16

2016/2/15

2016/2/14

2016/2/12

2016/2/10

2016/2/9

2016/2/8

2016/2/5

2016/2/4

2016/2/3

2016/2/2

2016/2/1

2016/1/29

2016/1/28

2016/1/27

2016/1/26

2016/1/25

2016/1/22

2016/1/21

2016/1/20

2016/1/19

2016/1/18

2016/1/15

2016/1/14

2016/1/13

2016/1/12

2016/1/8

2016/1/7

2016/1/6

2016/1/5

2016/1/4

2016/1/1

[→過去の更新履歴はこちら]