ルール・Q&A

ファイターズルール

更新履歴

[2017/1/10] 「カードの使用制限に関するルール」を更新しました。

「ファイターズルール」とは?

公式・公認大会に参加するファイターが守らなければならない決まりごとです。
より面白いファイト環境を提供する為に決められています。
大会に参加する場合は、この内容をよく読んで、ルールを守ってご参加ください。
「ファイターズルール」は、全国大会後に定期的に更新をおこないます。
大会状況などにより不定期に更新される場合もありますのでご注意ください。

※より詳細なルールを知りたい方は、フロアルールをご覧ください。

ファイト時のマナーや決まり事に関して

ファイターズカウンター及びファイターズコインについて

(2016年2月26日(金)更新)

  • 公式のファイターズカウンター、ファイターズコイン、およびクランカードは、
    パワーやクリティカルの変動、能力の目印のために使用できます。
  • 使用する場合はパワーやテキスト等のファイトに必要な情報が隠れないように置きましょう。
2枚以上スリーブを重ねる行為について

(2011年8月2日(火))

  • スリーブを3枚以上重ねてつけることはできません。
  • スリーブを重ねる場合は2枚までです。

※2枚までであっても、ファイトの進行を妨げると判断された場合は、
大会運営者やジャッジから外すように指示される場合があります。

Gユニットに関して

(2016年5月16日(月)更新)

  • スリーブは、原則としてフロアルールに従って使用してください。
    ただし、メインデッキと異なるスリーブや、透明なスリーブを使用することができます。
  • Gゾーンのカード内で異なるスリーブを使用することもできます。
  • Gゾーンのカードは、ファイトの前に枚数をお互いのファイターが確認してください。
  • Gゾーンのカードは、0枚~16枚置くことができます。
プレイマットの使用について

(2016年2月26日(金)更新)

  • 自分で用意したプレイマットを使用することができます。
  • ヴァンガード以外の枠があるプレイマットは使用することができません。
  • 必ず相手ファイターから許可を得てから使用してください。

※海賊版や公序良俗に反するものなどスタッフが不適切と判断した場合はご遠慮いただく場合もあります。

ファイト時のマナーについて

(2011年8月2日(火))

  • 常に相手を尊重し、ルールを守って正々堂々とファイトしましょう。
  • 自分の行動が相手にわかるように、はっきりと声に出して宣言しましょう。
    また、相手の宣言に対して了解したことを、はっきりと伝えましょう。
  • 相手ファイターのカードは、相手の許可無く勝手に触らないようにしましょう。
    また、許可された場合も丁寧に扱いましょう。

↑ページのトップへ

大会レギュレーションに関するお知らせ

公式・公認大会には、以下のような大会レギュレーションがあります。

クランファイト
クランを1つ選び、そのクランを含むカードだけでデッキ(メインデッキとGユニット)を構築してください。
発売済み/配布済みの全ての日本語版「カードファイト!! ヴァンガード」のカードを使うことができます。
エクストリームファイト
複数のクランを混ぜてデッキを組むことができます。
(1つのクランだけでデッキを組んでも構いません)
発売済み/配布済みの全ての日本語版「カードファイト!! ヴァンガード」のカードを使うことができます。

Gレギュレーション

クランを1つ選び、下記の使用可能カード条件を満たしたカードの中で、選んだクランを含むカードだけでデッキ(メインデッキとGユニット)を構築するレギュレーションです。

  • カードの右下に、国家アイコンが入っているカード
    (G-TD01「覚醒の時空竜」G-TD02「明星の聖剣士」以降に発売した商品、PR カード)
国家アイコンは、カードの右下にある、
そのユニットが所属する国家を示すアイコンです。
全6種類です。
国家アイコン 全6種
※国家アイコンが入っていないカードでも、同名同能力カードで国家アイコンが入っているカード(再録カード)があれば、国家アイコンの有無にかかわらず、使用可能です。
※2017年3月2日現在の該当するカードは、以下のPDFファイルでご確認ください。
  • クラン《クレイエレメンタル》のカード
  • 「ハーモニクス・メサイア」
  • クラン《刀剣乱舞》のカード
特殊構築条件
クランファイト構築/Gレギュレーション構築
  • 《ロイヤルパラディン》を選んだファイターは「ブラスター・ダーク」のカードをデッキに4枚まで入れることができます。
  • 《リンクジョーカー》を選んだファイターは、カード名に『Я』の文字を含むカードをデッキに好きな枚数入れることができます。
  • カード名に「宝石騎士」を含まないグレード3のカードがデッキに入っている場合、「宝石騎士 そーどみー」のカードをデッキに入れることができません。

(2016年2月29日(月)より、Gレギュレーションにも適用)

↑ページのトップへ

カードの使用制限に関するルール

[2017年1月10日更新]
昨年末に開催されました「WGP2016」の結果を受け、【カードの使用制限に関するルール】の更新がございます。
2017年2月1日(水)より実施となります。

アイコンの見方
1枚まで使用可 デッキに1枚まで入れることができます。
2枚まで使用可 デッキに2枚まで入れることができます。
FV使用不可 ファーストヴァンガードとして選ぶことができません。
※デッキに入れることは可能です。ライドやコールはできます。
使用制限解除 検討の結果、指定を解除いたします。
4枚使用、またファーストヴァンガードとして選ぶことができます。
クランファイト構築/Gレギュレーション構築
1枚まで使用可
FV使用不可
≪新規≫ 七海見習い ナイトランナー
(2017年2月1日(水)より実施)

※このカードを軸にしたデッキは、WGP2016での使用率が非常に高く、全国決勝大会でもほぼ全てのチームが採用しており、決勝トーナメントに進出した上位4チームの使用率も100%と非常に高い使用率となっておりました。
このカードを4枚投入し、何度も繰り返し能力を使用する低グレード中心のデッキが、現ファイト環境への影響が大きいと判断したため、使用枚数およびファーストヴァンガードでの使用を制限いたします。

1枚まで使用可
FV使用不可
≪継続≫ チクタク・ワーカー
(2016年9月5日(月)より実施)
1枚まで使用可 ≪新規≫ サンクチュアリガード・ドラゴン
(2017年2月1日(水)より実施)

※このカードと「神聖竜 サンクチュアリガード・レガリア」を組み合わせたデッキは、長期間において高い勝率を誇るデッキとして存在しており、《ロイヤルパラディン》デッキの戦略を固定化させ、ファイト環境に与える影響も大きいと判断しました。
「神聖竜 サンクチュアリガード・レガリア」への制限も検討しましたが、Gユニットの特性上、使用枚数制限では効果が薄いため、デッキの安定性や速効性を抑えるため、「サンクチュアリガード・ドラゴン」の使用枚数を制限いたします。

1枚まで使用可 ≪新規≫ スチームバトラー ウル・ワタル
(2017年2月1日(水)より実施)

※WGP2016含む現在のファイト環境において、《ギアクロニクル》の使用率は最も高く、環境に大きく影響を与えていると判断いたしました。
その中でも、特にこのカードの「2枚引き、手札から1枚選び、山札に戻す」という動きがデッキの安定性を大きく向上させており、繰り返し能力を使用することで、ファイトの長期化の原因ともなっていると判断したため、使用枚数を制限いたします。

1枚まで使用可 ドクトロイド・リフロス
1枚まで使用可 コスモスの妖精 リズベット
2枚まで使用可 閃く波紋 オデュッセウス
FV使用不可 ばーくがる
使用制限解除 ≪新規≫リザードソルジャー コンロー
(2017年2月1日(水)より実施)

※制限当時に比べ、WGP2016の結果では《かげろう》の使用率は低く、現在のファイト環境に与える影響が小さいと判断したため、ファーストヴァンガード指定不可を解除いたします。

※エクストリームファイトではカードの使用制限に関するルールは適用されません。

※同名カードは全て対象となります(SPカード・PRカード・再録カード 他)

※検討カードは、今回はございません。

「カードの使用に関する追加ルール」PDF版はこちら

[PDFファイル(4.95MB)]

[2016年2月26日(金)更新] カード画像をリンクに変更するなど、一部レイアウトを調整いたしました。

↑ページのトップへ

サイトを検索

検索

今日のカード

今日のカード

更新履歴

2017/3/24

2017/3/23

2017/3/22

2017/3/21

2017/3/17

2017/3/16

2017/3/15

2017/3/14

2017/3/13

2017/3/10

2017/3/9

2017/3/8

2017/3/7

2017/3/6

2017/3/3

2017/3/2

2017/3/1

2017/2/28

2017/2/27

2017/2/24

2017/2/23

2017/2/22

2017/2/21

2017/2/20

2017/2/17

2017/2/16

2017/2/15

2017/2/14

2017/2/13

2017/2/10

2017/2/9

2017/2/8

2017/2/7

2017/2/6

2017/2/3

2017/2/2

2017/2/1

2017/1/31

2017/1/30

2017/1/27

2017/1/26

2017/1/25

2017/1/24

2017/1/23

2017/1/20

2017/1/19

2017/1/18

2017/1/17

2017/1/16

2017/1/13

2017/1/12

2017/1/11

2017/1/10

2017/1/6

2017/1/5

2017/1/4

2017/1/3

2017/1/1

[→過去の更新履歴はこちら]