カードリスト

【G-BT13】「究極超越」

嵐の覇者 サヴァス
嵐の覇者 サヴァス (アラシノハシャ サヴァス)

ノーマルユニット
アクアフォース
アクアロイド
メガラニカ
グレード 3
パワー 11000
クリティカル 1
シールド -
ツインドライブ
【自】【(V)】:あなたのGユニットが【超越】した時、手札から1枚まで選び、(R)にコールし、あなたのリアガードを1枚選び、そのターン中、『【永】【(R)】:抵抗』を与え、さらに、そのリアガードが連波能力を持つなら、『【永】【(R)】:このユニットは後列からアタックできる。』を与える。
【自】【(R)】【ターン1回】【Gブレイク】(2)連波‐1回目か4回目(各ターンの指定されたバトルで有効):[【カウンターブラスト】(1)]このユニットがアタックしたバトルの終了時、コストを払ってよい。払ったら、このユニットを【スタンド】する。
未来も同志も失って掴む正義に意味など無い!
Gレギュレーション
G-BT13/012
RRR
伊藤未生

収録商品

2017-11-17 【G-BT13】「究極超越」 カードリスト 商品ページ

「嵐の覇者 サヴァス」のQ&A [ 4件 ]

  • Q4216(2018-10-05)
    GB2を満たしていない状態にて、「嵐の覇者 サヴァス」が1回目にアタックを行いました。
    その後、3回目の「波濤帥将 アレクサンドロス」のアタックにより自動能力が解決され、GB2が満たされ、同一の「嵐の覇者 サヴァス」が【スタンド】しました。
    4回目のアタックをその「嵐の覇者 サヴァス」で行ったバトルの終了時、『連波』は発動しますか?
    はい、発動するため、コストを支払い解決することが可能です。
    GB2が満たされていない状態にてアタックを行った「嵐の覇者 サヴァス」の自動能力は発動しないため、【ターン1回】の使用制限も適用されません。
    また、同一の「嵐の覇者 サヴァス」が【スタンド】し、4回目にアタックしたのであれば、“バトルの終了時”に自動能力は発動するため、コストを支払い解決することで、【スタンド】することが可能です。
  • Q4215(2018-10-05)
    GB2を満たした状態にて、リアガードとして存在する「嵐の覇者 サヴァス」が2回目にアタックを行いました。
    その後、3回目の「波濤帥将 アレクサンドロス」のアタックにより自動能力が解決され、同一の「嵐の覇者 サヴァス」が【スタンド】しました。4回目のアタックをその「嵐の覇者 サヴァス」で行ったバトルの終了時、『連波』は発動しますか?
    はい、コストを支払い解決することが可能です。
    『連波』は各ターンの指定されたバトルでのみ有効になる自動能力です。
    そのため、2回目のバトルで「嵐の覇者 サヴァス」がアタックした場合、『連波』は有効ではないため、能力は発動しません。
    なお、その後、4回目のバトルにて「嵐の覇者 サヴァス」がアタックした場合であれば、『連波』は有効であり、自動能力は発動するため、コストを支払い解決し、【スタンド】することが可能です。
  • Q3045(2018-10-05)
    GB2を満たしていない状態にて、「嵐の覇者 サヴァス」が1回目にアタックを行いました。
    その後、3回目の「波濤帥将 アレクサンドロス」のアタックにより自動能力が解決され、GB2が満たされ、同一の「嵐の覇者 サヴァス」が【スタンド】しました。
    4回目のアタックをその「嵐の覇者 サヴァス」で行ったバトルの終了時、『連波』は発動しますか?
    はい、発動するため、コストを支払い解決することが可能です。
    GB2が満たされていない状態にてアタックを行った「嵐の覇者 サヴァス」の自動能力は発動しないため、【ターン1回】の使用制限も適用されません。
    また、同一の「嵐の覇者 サヴァス」が【スタンド】し、4回目にアタックしたのであれば、“バトルの終了時”に自動能力は発動するため、コストを支払い解決することで、【スタンド】することが可能です。
  • Q3044(2018-10-05)
    GB2を満たした状態にて、リアガードとして存在する「嵐の覇者 サヴァス」が2回目にアタックを行いました。
    その後、3回目の「波濤帥将 アレクサンドロス」のアタックにより自動能力が解決され、同一の「嵐の覇者 サヴァス」が【スタンド】しました。4回目のアタックをその「嵐の覇者 サヴァス」で行ったバトルの終了時、『連波』は発動しますか?
    はい、コストを支払い解決することが可能です。
    『連波』は各ターンの指定されたバトルでのみ有効になる自動能力です。
    そのため、2回目のバトルで「嵐の覇者 サヴァス」がアタックした場合、『連波』は有効ではないため、能力は発動しません。
    なお、その後、4回目のバトルにて「嵐の覇者 サヴァス」がアタックした場合であれば、『連波』は有効であり、自動能力は発動するため、コストを支払い解決し、【スタンド】することが可能です。

このカードを含む
商品のQ&A一覧を見る

ページの先頭に戻る