ルール・Q&A

ブースターパック第9弾「天舞竜神」(G-BT09)/トライアルデッキ「竜魔道の儀式」(G-TD10)よくある質問Q&A

カードゲーム事務局に寄せられているご質問の中から、ブースターパック第9弾「天舞竜神」(G-BT09)とトライアルデッキ「竜魔道の儀式」(G-TD10)のカードに関する、よくある質問をまとめました。

基本的なルールに関する質問

「儀式(リチュアル)」とは何ですか?

自分のドロップゾーンに、グレード1のカードが指定枚数以上あれば有効になる能力です。例えば「儀式3」なら、ドロップゾーンにグレード1が3枚以上あれば有効になります。

「救援(レスキュー)」とは何ですか?

指定された数字分、ダメージを回復し、回復した分、ダメージを受ける能力です。ダメージを受ける際、ダメージチェックが発生し、トリガーも発動します。

「雷激(らいげき)」とは何ですか?

相手のバインドゾーンに置かれたカードが、数字で示された枚数以上のときに有効になる能力です。「雷激2」であれば、相手のバインドゾーンに置かれたカードが2枚以上のときに有効です。

「連波(ウェーブ)」とは何ですか?

そのターン中に発生したバトルの回数を参照して発動する能力です。例えば「連波―3回目のみ」はそのターン中3回目のバトル中であれば発動します。

「突撃(チャージ!!)」とは何ですか?

効果によってリアガードサークルに登場した時、任意で、そのユニットを突撃状態にできる能力です。突撃状態になることによって新たな能力を得たり、パワーが上昇したりします。突撃状態のユニットは、バトル終了時、山札の下に置かれます。

『盟主』とは何ですか?

“共通するクランがないあなたのユニットがいるとアタックできない”という能力です。例えば、《シャドウパラディン》の「撃退者 レイジングフォーム・ドラゴン」がヴァンガードで、リアガードに《ギアクロニクル》の「クロノジェット・ドラゴン・G」がいる場合、“共通するクランがないユニットがいる”状態になっているので、「撃退者 レイジングフォーム・ドラゴン」はアタックできません。また、《クレイエレメンタル》はすべてのクランに属しているので、《クレイエレメンタル》のユニットがいても、アタックできます。

リアガードが相手ヴァンガードにアタックした時、Gガーディアンの「炎翼剛獣 ディナイアル・グリフォン」によってアタックしたリアガードが退却しました。このアタックは、アタック回数に数えますか?

はい、数えます。アタックするユニットと、アタック対象の相手のユニットを選んだ時点で、すでにアタック回数がカウントされていますので、その後退却しても、回数にカウントします。

↑ページのトップへ

「天舞竜神」カード個別の質問

征天覇竜 ドラゴニック・ヴァンキッシャー“VMAX”

相手のダメージゾーンにカードが5枚あるとき、相手ヴァンガードに1ダメージ与えることはできますか?

はい、できます。相手のダメージゾーンのカード枚数の条件はないので、相手のダメージゾーンのカードが5枚の時でも1ダメージ与えることができます。1ダメージ与えて、ヒールトリガーが出ずダメージゾーンのカードが6枚になったら、ファイトに勝利します。

征天覇竜 ドラゴニック・ヴァンキッシャー“VMAX”

複数のリアガードにアタックする際、『抵抗』を持つリアガードにアタックできますか?

はい、できます。能力でリアガードサークルを選んでいるので、『抵抗』を持つユニットにもアタックできます。

征天覇竜 ドラゴニック・ヴァンキッシャー“VMAX”

夜陰の紳士 サン・ジェルマン」によって、ヴァンガードに『抵抗』を与えました。ヴァンガードに1ダメージを与えることはできますか?

いいえ、できません。“相手のヴァンガードを選び、1ダメージ”、とあるので、ヴァンガードが『抵抗』を持っていると、ヴァンガードを選べなくなります。

征天覇竜 ドラゴニック・ヴァンキッシャー“VMAX”

アタックした時、ユニットが存在しないリアガードサークルを選択した後、そのリアガードサークルにGガーディアンなどの能力で新たにユニットがコールされた場合、その新たにコールされたユニットはアタックされますか?

いいえ、アタックされません。ガード中にユニットが登場した時は、すでにアタック対象が決定した後なので、アタックされません。

慟哭の嵐 ウェイリング・サヴァス

アタックした時にリアガードを退却させる能力で、『抵抗』を持つリアガードを退却させることはできますか?

いいえ、できません。退却させるリアガードは、アタックされたファイターから見ると、相手のカードの能力によって、自分が退却させるリアガードを選んでいます。

真・撃退者 レイジングラプト・ドラゴン

バトル終了時の能力により、Gゾーンから裏の「真・撃退者 レイジングラプト・ドラゴン」を1枚選び、ストライドする自動能力は、1ターンに複数回使用することができますか?

はい、できます。新たに自動能力によりストライドした「真・撃退者 レイジングラプト・ドラゴン」も、条件を満たしコストを払うことで、新たな「真・撃退者 レイジングラプト・ドラゴン」にストライドすることが可能です。

真・撃退者 レイジングラプト・ドラゴン

バトル終了時の能力により、Gゾーンから裏の「真・撃退者 レイジングラプト・ドラゴン」を1枚選び、ストライドしました。さらにもう1回、バトル終了時の能力により裏の「真・撃退者 レイジングラプト・ドラゴン」を1枚選び、ストライドしました。このユニットのドライブチェックは何回ですか?

2回です。バトル終了時の能力によりストライドした「真・撃退者 レイジングラプト・ドラゴン」はドライブが1回減りますが、さらにもう1回ストライドした「真・撃退者 レイジングラプト・ドラゴン」は、先程ドライブが減ったユニットとは別のユニットになります。

天空を舞う竜 ルアード

“あなたのドロップゾーンのグレード1のカード1枚につき、そのターン中、そのユニットのパワー+1000。”は、自動能力を使った後にドロップゾーンにグレード1のカードが置かれた場合、パワーは上昇しますか?

いいえ、パワーは増加しません。“あなたのドロップゾーンのグレード1のカード1枚につき、そのターン中、そのユニットのパワー+1000。”は、「天空を舞う竜 ルアード」の自動能力の解決時のドロップゾーンのグレード1のカードの枚数を参照します。

大英雄 ライジング・スーパーノヴァ

アタックした時の自動能力により、突撃を持たないユニットを突撃状態にしました。そのユニットは、バトル終了時、山札の下に置かれますか?

はい、置かれます。そのユニットが元々突撃を持っているいないに関わらず、突撃状態にした場合はバトル終了時に山札の下に置かれます。

大英雄 ライジング・スーパーノヴァ

“あなたのユニットすべてのパワー+10000”という効果は、自動能力の解決後に登場したユニットにも適用されますか?

いいえ、自動能力の解決後に登場したユニットには適用されません。“あなたのユニットすべてのパワー+10000”というカードテキストは、「大英雄 ライジング・スーパーノヴァ」の自動能力の解決時に存在するユニットにのみ適用されます。

聖霊守護天使 アナフィエル

起動能力により、パワーは最大でいくつ上昇しますか?

最大で15000、上昇します。
例1:ユニット3体を選ぶ際、カードA,B、Cを選んだと想定します。そして、ダメージゾーンには、表向きで、カードA、A、B、C、Cがある場合、+3000が5回発生します。
 
例2:ユニット3体を選ぶ際、カードA,A、Bを選んだと想定します。そして、ダメージゾーンには、表向きで、カードA、A、B、B、Bがある場合も、+3000が5回発生します。

竜刻守護者 エスラス

ドロップゾーンでの起動能力のコストで、リアガードサークルにいる「フルバウ “Diablo”」を退却させました。「フルバウ “Diablo”」の、“あなたのユニットの能力のコストで、このユニットがリアガードサークルからドロップゾーンに置かれた時”、の条件を満たすことはできますか?

いいえ、できません。ドロップゾーンにあるカードは、ユニットとして扱わず、カードとして扱いますので、“あなたのユニットの能力”ではございません。

護天覇竜 ブルワーク・ドラゴン

このカードの自動能力は、相手のバインドゾーンのカードが8枚あれば、前列のレスト状態のリアガードを、2枚退却できますか?

はい、できます。相手のバインドゾーンのカードが8枚の場合、相手の前列のレスト状態のリアガードが2枚まで退却することが可能です。

アビサル・オウル

このカードの儀式3は、「覚醒を待つ竜 ルアード」をハーツカードとしているGユニットの能力の効果やコストにより、リアガードサークルから退却した場合でも有効ですか?

はい、有効です。ヴァンガードであるGユニットは、ハーツカードである「覚醒を待つ竜 ルアード」の名称とパワーを得ているため、“「ルアード」を含むカード”として扱われています。

刻獣 ストラトス・ファルコン

アタックされている〈十二支刻獣〉のリアガードと、「刻獣 ストラトス・ファルコン」の位置が能力により交換された場合、そのバトルはどうなりますか?

現在置かれているサークルから移動しているため、「アタックされているユニット」として扱われなくなるため、ヒットはしません。ただし、そのバトルは中断されることなく進行します。

メイヘム・タイガー

相手が『守護者』をガーディアンサークルにコールし、「メイヘム・タイガー」でその『守護者』を退却させました。『守護者』の能力を使うことはできますか?

はい、できます。『守護者』がガーディアンサークルにコールされた時に『守護者』の自動能力が誘発しているので、退却させられても、能力を使うことができます。

↑ページのトップへ

「竜魔道の儀式」カード個別の質問

覚醒を待つ竜 ルアード

ライドフェイズ開始時、儀式3の自動能力を使用しました。その後、別のカードにライドし、ストライドする場合、ストライドのコストは必要ですか?

必要ありません。儀式3の自動能力により、“そのターン中” 、次のストライドの際にコストが必要なくなりますので、他のユニットにライドしても問題ございません。

覚醒を待つ竜 ルアード

儀式3の自動能力により、「エアーエレメント シブリーズ」の起動能力によるストライドのコストを払わずにストライドすることは可能ですか?

いいえ、コストを払う必要があります。「エアーエレメント シブリーズ」の“[【カウンターブラスト】(2),手札から1枚選び、捨てる]”というコストは、 ストライドのコストではなく、起動能力のコストです。

暗黒竜 カーニバル・ドラゴン

相手のリアガードが1枚しか存在しない場合、”相手は自分のリアガードを2枚選び、退却させる。”は実行され、パワー+4000は適用されますか?

はい、リアガード1枚は退却し、パワー+4000の効果が適用されます。 発動した能力は、可能な限りの効果を解決するため、相手は可能な限り2枚までリアガードを選択し、退却する必要があります。そのため、退却可能なリアガードが1枚の場合であっても、可能な限り選択し退却を実行します。なお、1枚のみしか退却させられなかった場合でも、“2枚退却させられなかったなら”という要件は満たされるため、前列のユニットを3枚まで選び、パワー+4000の効果は解決されます。

↑ページのトップへ

ルールやカードの能力など、わからないことがありましたら、お気軽にカードゲーム事務局へお問い合わせください。

【TEL】 03-4500-6800
【メール】 vg_support@bushiroad.com
[月~金…10:00~12:00/13:00~17:00]
[土日祝…10:00~18:00]

※電話番号・アドレス間違いにご注意ください。
※尚、一部の携帯電話からのお問い合わせについては、機種・設定の問題でご回答できない場合があります。ご了承ください。

サイトを検索

検索

今日のカード

今日のカード

更新履歴

2017/2/21

2017/2/20

2017/2/17

2017/2/16

2017/2/15

2017/2/14

2017/2/13

2017/2/10

2017/2/9

2017/2/8

2017/2/7

2017/2/6

2017/2/3

2017/2/2

2017/2/1

2017/1/31

2017/1/30

2017/1/27

2017/1/26

2017/1/25

2017/1/24

2017/1/23

2017/1/20

2017/1/19

2017/1/18

2017/1/17

2017/1/16

2017/1/13

2017/1/12

2017/1/11

2017/1/10

2017/1/6

2017/1/5

2017/1/4

2017/1/3

2017/1/1

2016/12/30

2016/12/29

2016/12/28

2016/12/27

2016/12/26

2016/12/22

2016/12/21

2016/12/20

2016/12/19

2016/12/16

2016/12/15

2016/12/14

2016/12/13

2016/12/12

2016/12/9

2016/12/8

2016/12/7

2016/12/6

2016/12/5

2016/12/2

2016/12/1

2016/11/30

2016/11/29

2016/11/28

2016/11/25

2016/11/24

2016/11/22

2016/11/21

2016/11/18

2016/11/17

2016/11/16

2016/11/15

2016/11/14

2016/11/11

2016/11/10

2016/11/9

2016/11/8

2016/11/7

2016/11/4

2016/11/2

2016/11/1

2016/10/31

2016/10/28

2016/10/27

2016/10/26

2016/10/25

2016/10/24

2016/10/21

2016/10/20

2016/10/19

2016/10/18

2016/10/17

2016/10/14

2016/10/13

2016/10/12

2016/10/11

2016/10/7

2016/10/6

2016/10/5

2016/10/4

2016/10/3

2016/9/30

2016/9/29

2016/9/28

2016/9/27

2016/9/26

2016/9/23

2016/9/21

2016/9/20

2016/9/18

2016/9/16

2016/9/15

2016/9/14

2016/9/13

2016/9/12

2016/9/9

2016/9/8

2016/9/7

2016/9/6

2016/9/5

2016/9/2

2016/9/1

2016/8/31

2016/8/30

2016/8/29

2016/8/26

2016/8/25

2016/8/24

2016/8/23

2016/8/22

2016/8/19

2016/8/18

2016/8/17

2016/8/16

2016/8/15

2016/8/12

2016/8/10

2016/8/9

2016/8/8

2016/8/5

2016/8/4

2016/8/3

2016/8/2

2016/8/1

2016/7/29

2016/7/28

2016/7/27

2016/7/26

2016/7/25

2016/7/22

2016/7/21

2016/7/20

2016/7/19

2016/7/15

2016/7/14

2016/7/13

2016/7/12

2016/7/11

2016/7/8

2016/7/7

2016/7/6

2016/7/5

2016/7/4

2016/7/1

2016/6/30

2016/6/29

2016/6/28

2016/6/27

2016/6/24

2016/6/23

2016/6/22

2016/6/21

2016/6/20

2016/6/17

2016/6/16

2016/6/15

2016/6/14

2016/6/13

2016/6/10

2016/6/9

2016/6/8

2016/6/7

2016/6/6

2016/6/3

2016/6/2

2016/6/1

2016/5/31

2016/5/30

2016/5/27

2016/5/26

2016/5/25

2016/5/24

2016/5/23

2016/5/20

2016/5/19

2016/5/18

2016/5/17

2016/5/16

2016/5/13

2016/5/12

2016/5/11

2016/5/10

2016/5/9

2016/5/7

2016/5/6

2016/5/5

2016/5/4

2016/5/3

2016/5/2

2016/4/28

2016/4/27

2016/4/26

2016/4/25

2016/4/22

2016/4/21

2016/4/20

2016/4/19

2016/4/18

2016/4/15

2016/4/14

2016/4/13

2016/4/12

2016/4/11

2016/4/8

2016/4/7

2016/4/6

2016/4/5

2016/4/4

2016/4/2

2016/4/1

2016/3/31

2016/3/30

2016/3/29

2016/3/28

2016/3/25

2016/3/24

2016/3/23

2016/3/22

2016/3/18

2016/3/17

2016/3/16

2016/3/15

2016/3/14

2016/3/11

2016/3/10

2016/3/9

2016/3/8

2016/3/7

2016/3/4

2016/3/3

2016/3/2

2016/3/1

2016/2/29

2016/2/26

2016/2/25

2016/2/24

2016/2/23

2016/2/22

2016/2/19

2016/2/18

2016/2/17

2016/2/16

2016/2/15

2016/2/14

2016/2/12

2016/2/10

2016/2/9

2016/2/8

2016/2/5

2016/2/4

2016/2/3

2016/2/2

2016/2/1

2016/1/29

2016/1/28

2016/1/27

2016/1/26

2016/1/25

2016/1/22

2016/1/21

2016/1/20

2016/1/19

2016/1/18

2016/1/15

2016/1/14

2016/1/13

2016/1/12

2016/1/8

2016/1/7

2016/1/6

2016/1/5

2016/1/4

2016/1/1

[→過去の更新履歴はこちら]